カメムシの仲間

南京虫を見つけた時には

南京虫は吸血昆虫です。果物や野菜の汁を吸い農業に大きな被害を与えるカメムシの仲間です。ですから、血液を吸うための吻をもっており、それを人の皮膚に刺して血液を吸うのです。そして南京虫は、体長約5〜6ミリの平たい褐色の体を持ち、翅がありませんから飛ぶことはできません。また、血液を吸われた痕が非常に痒くなることから、南京虫は昔からとても嫌われている害虫でした。でも、日中は物陰などに隠れていますから、南京虫を見かけることはほとんどありません。最近皮膚のあちこちに赤い腫れがあって、その場所が痒いようであれば、それは南京虫の仕業かもしれません。そして、南京虫を見つけた時には、直ちに南京虫駆除を検討する必要が出てきます。

南京虫駆除の現実について

昔の日本では、比較的よく見られていた害虫の南京虫ですが、衛生対策の強化で駆逐されていたのです。そして、南京虫駆除の現実については、困ったことが起きているのです。それは、南京虫には、殺虫剤を使っても効果がほとんどないということです。ですから、南京虫を見つけても自分たちで南京虫駆除を行うことが難しいと言わざるを得ないのです。そこで、南京虫駆除のエキスパートを探すしかありません。南京虫駆除を実施してくれる害虫駆除業者はインターネットで探すことができますから、いざという時は、インターネットを活用しましょう。また、インターネット上には、一度に複数の業者から見積もりを取れるサービスもあります。