害獣と作業員

アライグマを撃退

被害の増加につれてアライグマ駆除の必要性も高まってきましたが、繁殖力の強さもあって現在のところ自治体等の駆除対策は十分な効果を上げていません。専門のプロに依頼して駆除を進めるのが効果的です。

Read more

害虫を駆除する

南京虫は過去に駆除が徹底して行われた事で被害が急激に減少します。しかし最近は海外から持ち込まれるケースや家具等に付いていたものが増え、被害が増加している事が報告されています。

Read more

カメムシの仲間

南京虫は、海外との交流が盛んになったことで、最近になって海外から入ってきた害虫です。吸血虫として知れる南京虫を見つけた時には、被害にあう前に駆除業者に依頼することが大切です。

Read more

現在増えている

トコジラミを見つけたら

トコジラミ、いわゆる南京虫は1970年代に日本から消えたと言われました。戦前から戦後の一時期までは普通の生活環境に南京虫がいることは珍しくありませんでした。しかし、生活環境の改善と保健所を中心とした地域の衛生状況の改善により、トコジラミは徐々に消えていきました。ところが最近、日本でトコジラミがあちこちに発生していると言われています。原因は外国人が海外から日本に持ち込んだことが考えられます。さらにこれらのトコジラミは海外で使用される殺虫剤への耐性を持っていることから、市販の殺虫剤で退治することが困難です。そこで、専門家の多くが、トコジラミを発見したら、すぐに専門業者に連絡し、トコジラミ駆除をお願いすることが重要だと指摘しています。

きれいに清掃するだけでは不十分

普段から家の中は清潔に保ち、まめに掃除もしているにもかかわらずトコジラミが発生する、という声がよく聞かれます。外から人が持ち込み、ソファーやカーテン、畳の隙間や布団周辺などに住み着くというのがトコジラミの習性だそうです。また非常に生命力が強く簡単には死にません。このことも、専門業者にトコジラミ駆除を依頼しなければならない、という理由になっています。トコジラミ駆除にはいくつかの手順があるようです。発生した状況や場所によってトコジラミ駆除方法は異なります。ただし、重要なことはトコジラミ駆除作業の後、再発生しないよう処理することだと言われています。そのため、高温または超低温による卵の処理、薬剤散布による駆除、そして効果が長持ちする薬剤を使用することで、生き残ったトコジラミを駆除していくなど複合的な駆除方法をとることが必要です。保証期間を設定している業者もいますので、まずは専門業者に相談することをお勧めします。